前友洋作品展 11/23(水)より@1F・2Fアートスペース

更新日:11月7日


前友洋作品展 

Solo exhibition debut 20th anniversary-Tokyo×Kyoto


前友洋(まえともひろ)は1976年生まれ。

東京都狛江市育ちで多摩美術大学大学院絵画研究科修了。

現在は東京都立川市にアトリエを構え、「déjà-vu-旅人の詩(うた)-」シリーズをはじめアクリル画を中心に制作活動をしています。

国内では国立市のギャラリー国立、二科展を中心に作品を発表しています。

2017年から二科展に出品をし、初出品の103回二科展から今年開催の106回まで連続入選を果たしています。

2017年のNew Yorkでのグループ展参加以降、海外での展示も積極的に展開。

2019年に参加したNew Yorkのグループ展では開催ギャラリーや現地観覧者からの評価も高く、コロナ禍明けに展示をする予定となっています。

2021年にはドイツ、フランクフルトでのアートフェアに参加。また同年には国際公募"Luxembourg Art Priz"にて芸術功績認定書が授与されました。2021年,22年にはスイス、チューリッヒのアートフェアにも参加しました。

2021年のチューリッヒのアートフェアでは、会場ツアーにて作品紹介され、主催はじめ、 アート関係者、その他多くの人々から高い評価を得て2022年から無審査での参加となりました。

2023年は3月にはフランス・ストラスブールのアートフェア、6月から10月までドイツ・マンハイムのGALERIE BÖHNERにて巡回展、10月にはスイス・チューリッヒでのアートフェアが計画されています。

この中でも特にドイツのGALERIE BÖHNERからは高い評価を得ており、ストラスブールのアートフェアはGALERIE BÖHNERからのオファーでの参加となります。

また、1月に画集を出版予定です。

本展では小作品からから100号までのサイズのアクリル画と油画の作品を約30点展示する予定です。

東京展初日には「ギャラリートーク」を18時から行い、来場者の皆さんとの"特別な"交流ができる時間を設けます。

※ギャラリートークでは作品コンセプトや制作秘話、皆様よりの質問にお答えさせていただきます。

会期中はInstagramでのlive配信も行います(Facebookでの同時配信も検討しています)。

作家本人は会期中毎日在廊します。

この機会にご高覧いただけましたら幸いでございます。


会期 2022年11月23日(水)~12月4日(日)

時間 11:00~18:00(最終日17:00迄)

会場 GALLERY Kunitachi1階、2階

住所 東京都国立市中1-9-18 NTC高橋ビル


お問い合わせ先

メール gallery.kunitaci@gmail.com

電話 042-574-1211

閲覧数:146回0件のコメント